過去に投稿された記事の一覧です。

2018/07/06

小水力発電 政策シンポジウム

「小水力発電開発,現在の課題と中長期戦略 を考える を考える」

全国小水力利用推進協議会では 201 7年度総会イベントとしまて「政策シポジウム」を 年度総会イベントとしまて「政策シポジウム」を 開催 いたし ます。 再エネ発電所の開に 再エネ発電所の開に とって 大きな課題 である 電力系統への接続問題 と地域における小水力発電 の開発 在り方を視野に、長期的自立性ある小水力電の開発 在り方を視野に、長期的自立性ある小水力電の開発 在り方を視野に、長期的自立性ある小水力電に向けての方性報告と討議 を行います。ご関心のある係者各位積極的な参加をお待ちしております。

◼ 日時: 7月 21 日(土)午後 日(土)午後 1時 30分 ~ 5時
◼ 場所: 日比谷図書文化館 コンベショホール
(東京都千代田区日比谷公園1-4 B1 )
◼ プログラム (氏名敬称略)
1. 13:30 – 13:355分) 開会挨拶 :愛知 和男 全国小水力利用推進協議会 会長

2. 13:35 – 13:5015 分) 提言発表
「2030 まで/以降の小水力課題と求められる まで/以降の小水力課題と求められるシナリオ作成」
中島 大 (全国小水力利用推進協議会 理事・務局長)

3. 13:50 – 14:30 (40 分) 基調講演
『再エネ大量導入の課題と 基調講演『再エネ大量導入の課題と Beyond2030の電力 NW に向けて』
曳野 潔 (資源エネルギー庁 電力基盤整備課長)

4. 14: 30– 14:50(20 分) 講演 ・テーマ 1
『小水力と消費者の観点からみた、電力システム・系統の在り方』
船津 寛和 (株式会社パルシステム電力)

5. 14:50 – 15:10 (20 分) 講演 ・テーマ 2
『シュタットベルケの可能性』
青山 英明( 一般社団法人 ローカルグッド創 成支援機構 事務局長 )

15: 10 – 15:25 (15 分) 休憩

6. 15:25-15:55 (30 分) 報告
『2030 に向けた取り組みと課題に向けた取り組みと課題(各 10 分)』
(中小水力4団体のうち公営電,懇自家、から報告)

7. 15: 55-16:55  (60 分) パネルディスカッション
『小水力発電開,現在の課題と中長期戦略について』
モデレータ:小林 久 (茨城大学教授、全国小水力利用推進協議会・理事)
(登壇者、来賓関係からの意見表明・ 問題提起、所管 官庁・関係者からのコメント 官庁・会場を交えての討論 )

8. 16:55 – 17:00(5分) 閉会挨拶: 全国小水力利用推進協議会 代表理事

◼ 入場無料・先着順・事前申込不要
(定員200 名を超えた場合はお断りすることがあります。予めご了解ください。)

お問合せは 全国小水力利用推進協議会 事務局まで
TEL:03-5980-7880 Email:info@j-water.org

◼ 当政策シンポジウムの趣旨
再エネ発電の普及に対して、系統制約が大きな課題となっています。これは部分的な技術解で対応する課題ではなく、電力系統のあり方自体が問われていると私たちは認識しており、世間的にもそのような認識が少しずつ広がっています。とくに小水力発電に関しては、水資源が地域社会と強く結びついていること、比較的人口の希薄な山間地に資源が多いこと、自然変動が比較的小さいことなどから、自立性を持ったローカル系統の基幹的な電源と位置づけることが可能と考えます。本シンポジウムでは、日本の電力系統全体のあり方を意識しつつ、自立性を持った小水力発電の開発とローカル系統のあり方について考え、今後の議論に向けた問題提起を行いたいと思います。

PDFダウンロード

2018政策シンポジウムご案内

2018/07/04

関西広域小水力利用推進協議会『第2回オーストリア小水力ツアー』の報告について

関西広域小水力利用推進協議会HP(http://kansai-water.net/)に関西広域小水力利用推進協議会が2018/06/02~09に開催した『第2回オーストリア小水力ツアー』の報告が掲載されています。

ご参考にぜひご覧ください。

2018/06/26

2018年7月21日小水力発電シンポジウムのご案内

小水力発電シンポジウムのご案内
「小水力発電開発,現在の課題と中長期戦略を考える」

全国小水力利用推進協議会では2018年総会イベントとしまして「政策シンポジウム」を開催いたします。再エネ発電所の開発にとって大きな課題である電力系統への接続問題と地域における小水力発電の開発の在り方を視野に、長期的に自立性のある小水力発電の開発に向けての方向性の報告と討議を行います。ご関心のある関係者各位の積極的なご参加をお待ちしています

日時:7月21日(土)午後1時30分 ~ 5時
会場:日比谷図書文化館 コンベンションホール
(東京都千代田区日比谷公園1-4)

プログラム:
1. 13:30 – 13:35(5分)

開会挨拶:愛知 和男 全国小水力利用推進協議会会長
2. 13:35 – 13:50 (15分)

提言発表「2030まで/以降の小水力の課題と求められる
シナリオ作成」 中島 大 (全国小水力利用推進協議会 理事・事務局長)

3. 13:50 – 14:30(40分)

基調講演『再エネ大量導入の課題とBeyond2030の電力NWに向けて』
曳野 潔 (資源エネルギー庁 電力基盤整備課長)

4. 14:30 – 14:50(20分)

講演・テーマ1 『小水力と消費者の観点からみた、
電力システム・系統の在り方』 船津 寛和 (株式会社パルシステム電力)

5. 14:50 – 15:10 (20分)

講演・テーマ2 『シュタットベルケの可能性』
青山 英明(一般社団法人 ローカルグッド創成支援機構 事務局長)

15:10 – 15:25 (15分) 休憩

6. 15:25-15:55 (30分)

報告 『2030に向けた取り組みと課題(各10分)』
(中小水力4団体のうち公営電,水懇,自家懇、から報告)

7. 15:55-16:55 (60分)パネルディスカッション

『小水力発電開発,現在の課題と中長期戦略について』
モデレーター:小林 久 (茨城大学教授、全国小水力利用推進協議会・理事)

(登壇者、来賓、関係者からの意見表明・問題提起、所管官庁・関係者からのコメント会場を交えての討論)

8. 16:55 – 17:00(5分)閉会挨拶:全国小水力利用推進協議会 代表理事

 

入場無料・先着順・事前申込不要
(定員200名を超えた場合はお入りいただけません。ご了承ください。)
お問い合わせは 全国小水力利用推進協議会 事務局
(TEL:03-5980-7880 e-mail:info@j-water.org)まで

PDFダウンロード
http://j-water.org/wp-content/uploads/2018/06/sinpo.pdf

2018/06/14

地域支える小水力発電 多気・勢和で6年かけ安定供給【中日新聞】

2018年6月2日 掲載
多勢和地区を流れる立梅用水(たちばいようすい)を活用した全国でも珍しい地産地消型の小水力発電装置「彦電」が先月下旬、本格稼働を始め、地域での電力利用がしやすくなった。二〇一二年七月から産学官民協働で開発してきた。機械の故障や、十分な発電量が得られない時もあったが徐々に安定。時を経て動きだした事業に、住民や立梅用水土地改良区は「待望の施設がようやく使えるようになった」と喜ぶ。
 発電機は、波多瀬で農産物の加工製造などをしている「元丈の里ゆめ工房」近くの用水路に設置されている。用水の落差五十センチを利用し、最大毎時五百ワットを発電。公募で決めた「彦電」の愛称は立梅用水を整備した江戸時代の地元の偉人、西村彦左衛門に由来する。
 水利使用者の立梅用水土地改良区が水路や発電機を管理し、地元の自治会などでつくる勢和地域資源保全・活用協議会も協力している。これまでには、ゴミが発電機に流れ込み、発電効率が落ちたり、故障につながったりしたこともあった。土地改良区などはゴミを取り除くオイルフェンスを用水路近くに置くなど、周辺環境を整えてきた。
 六年前の設置以来、改良を重ねた発電機は、二つのプロペラが反対方向に回転することで相対速度が上がる方式で、わずかな落差でも効率的に発電できる。国の補助金を得て東京の協和コンサルタンツが九州工業大と開発した。一機約三百五十万円だが、同社の実証実験も兼ねていたため、地元の費用負担はなかった。
 先月下旬、同社が電力の安定供給を確認し、供用開始を宣言。発電した電力は、ゆめ工房内に設置された蓄電池に蓄えられ、波多瀬の自治会が用水沿いに付けた発光ダイオード(LED)防犯灯や、ゆめ工房の低温庫で利用されている。
 土地改良区の野呂郷武理事長(73)によると、用水路を活用した小水力発電は売電が主で、地産地消型は珍しいといい、「苦労もあったが、地域の皆さんに安定して使ってもらえるようになった」と喜ぶ。波多瀬区の高橋展生区長(66)は「地域の関心が高い事業だった。時間はかかったけれど本格稼働はうれしい」。
 元丈の里営農組合加工部の薗井忠一部長(70)は「低温庫は四六時中電気を使う。少しでも電気代が助かる」と喜ぶ。丹生の一般社団法人ふるさと屋の中西真喜子代表理事(69)は「獣害パトロールを行っている電気自動車(EV)の充電などに役立てたい」と話した。
 (古檜山祥伍)

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180602/CK2018060202000028.html

2018/06/14

鳥取の199kWの小水力発電所、京葉プラントエンジが更新【日経×TECH】

2018/6/8 掲載
京葉プラントエンジニアリング(千葉県市川市)は、鳥取市の小水力発電所「大村発電所」の更新工事を行った。
2月23日に運転開始し、4月26日に竣工式を開催した。
同発電所は、1961年から大村電化農業共同組合の管理・運営で地元の電力源として稼働してきたが、施設の老朽化が進み今後の維持管理が困難になってきた。今回、水車・発電機などの発電設備と、導水路から水圧鉄管などの土木・建築設備を全面更新した。
三井三池製作所製の横軸フランシス水車を設置し、赤波川から取水した農業用水(0.24m3/s)を利用して出力199kWの発電を行う。年間発電量は、一般家庭360世帯に相当する約130万kWhの見込み。発電した電力は、固定価格買取制度(FIT)を活用して中国電力に売電する。
発電設備のリースおよび既存施設の改修費用の立て替え払いは、三井住友ファイナンス&リース(SMFL)および山陰総合リースと契約した。
SMFLと山陰総合リース、京葉プラントエンジニアリングの3社は今後、鳥取県の農業協同組合5団体が管理・運営する同様の小水力発電所8カ所についても、順次設備の更新・改修を行う予定。

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/060811184/

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら