過去に投稿された記事の一覧です。

2019/05/21

【ご案内】7月20日(土)政策シンポジウム 当日先着順(事前受付はしていません。)

「小水力発電の過去・現在・未来を考える」

日時:7月20日(土)午後1時30分 ~ 5時(開場午後1時)
会場:日比谷図書文化館 コンベンションホール
(東京都千代田区日比谷公園1-4)

「水力発電の底力」をさぐり、「コミュニテイパワーの現在」を学び、
「デジタルグリッドの未来」を考えます。
ご関心のある関係者各位の積極的なご参加を、心からお待ちしております。

プログラム:

13:30 – 13:40 開会挨拶
愛知 和男 全国小水力利用推進協議会会長

13:40 – 14:40 日本文明とエネルギー ~水力発電の底力~
竹村公太郎
日本水フォーラム代表理事
全国小水力利用推進協議会副会長

14:40 – 15:40 地域のための小水力開発の現状 ~コミュニティパワーの活用~
清水  満
シン・エナジー㈱水力発電事業部
秋田県・仙北水力発電㈱取締役

15:55 – 16:55 エネルギーの民主化とデジタルグリッドの未来 ~配電網の自由化目指して~
阿部 力也
元東京大学工学系研究科特任教授
デジタルグリッド㈱会長

16:55 – 17:00 閉会挨拶
上坂 博亨
全国小水力利用推進協議会代表理事

司会 前田 典秀 全国小水力利用推進協議会理事

 

入場無料・先着順

(定員200名を超えた場合はお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。)

お問い合わせは 全国小水力利用推進協議会 事務局
(TEL:03-5980-7880 e-mail:info@j-water.org)まで

 

PDFダウンロード
http://j-water.org/wp-content/uploads/2019/04/2019sinpo.pdf

2019/05/13

政策シンポジウム登壇者ご紹介 ー 阿部力也 様 ー

15:55 – 16:55 エネルギーの民主化とデジタルグリッドの未来 

~配電網の自由化目指して~

阿部 力也 様

【阿部力也プロフィール】

1977年に東大電子工学科を卒業し、現在のJ-POWERに入社。100kW級火力発電所の建設を皮切りに、数か所の発電所の保守、海外コンサルタント、米国電力研究所(EPRI)駐在などを経て、ベンチャー立ち上げや蓄電池およびインバータの研究開発などを行った。2001年九州大学博士(工学)。2008年-2017年東大大学院技術経営戦略学専攻特任教授。教鞭をとる傍らにデジタルグリッドを考案し、特許取得。東日本大震災を契機に非営利型社団法人を設立して小型の電力ルーターなど開発。2012年には現WASSHA㈱を設立し、東アフリカにおける無電化地域の電化事業を開始。2017年末に東京大学を退官して現デジタルグリッド社を設立。

ブロックチェーンと連動した分散型IOTデバイスを用いて、電力の電気的価値や環境価値およびその他の属性を取引するデジタルグリッドプラットフォームを構築。送電線の制約に影響を受けない電力地産地消型デジタルグリッドセルも構築準備中。新しいビジネスベースで再生可能エネルギーシフトを実現しようとしている。

 

【ご案内】7月20日(土)政策シンポジウム

 

 

2019/05/08

長野、奥裾花自然園 電力「地産地消」に【信濃毎日新聞】

2019年5月8日掲載

長野市はこのほど、同市鬼無里の奥裾花自然園で、園内に整備した再生可能エネルギー施設の完成式を開いた。園内の食堂や売店は、これまで使ってきた自家発電のディーゼル発電機から、新たに完成した小水力発電などに切り替えた。市は施設の導入によりエネルギーの「地産地消」のモデルとしてPRしたいとしている。総事業費は1億5500万円。

 同市は2013年度、同園の再生可能エネルギー施設の整備計画作りに着手。昨春までに太陽光発電(最大3・6キロワット)と廃食用油を使うバイオディーゼル発電機(同13キロワット)が完成し、電力の供給を始めた。園内にある人工池を利用した小水力発電(同2・6キロワット)は昨年10月末に完成し、この日、導水管に水を引いて発電を開始した。

 一連の再生可能エネルギー施設は、食堂や売店のほかに園内の観光センターやトイレなどの電力を賄う。完成式には地元住民や市担当者ら約40人が参加。鬼無里地区住民自治協議会の有沢二三明会長は「(施設が)完成し非常にうれしく思う」とあいさつ。加藤久雄市長は「自然の力で電力を供給でき、地域にとっては画期的だ」と話していた。

https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190508/KT190429GBI090001000.php

2019/04/22

【パブリックコメント意見募集中案件】

2019年4月22日掲載
農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進による農山漁村の活性化に関する基本的な方針(平成26年5月16日農林水産省・経済産業省・環境省告示第2号)の一部改正案についての意見・情報の募集について

下記サイトにて、意見募集がされています。
4月25日までの募集です。

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550002867&Mode=0

2019/04/19

2019地球温暖化防止展に出展をしました。ご来場、ありがとうございました。

2019年4月19日掲載
全国小水力利用推進協議会は2019年3月12日(火)~15日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催された「2019地球温暖化防止展」に当協議会団体会員の皆様と共同出展をしました。
ご来場、ありがとうございました。


共同出展企業(敬称略、順不同)

・JAGシーベル株式会社 
http://www.jagseabell.jp/

・株式会社シーイーエム 
http://www.c-e-m.co.jp/
 株式会社北陸精機 
http://www.s-hokuriku.com/

・株式会社ケネック 
http://www.kenek-co.com/

・WWS-JAPAN株式会社 
http://wws-japan.co.jp/

・東芝プラントシステム株式会社
https://www.toshiba-tpsc.co.jp/business/businessfields/hydroelectric.htm

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら