過去に投稿された記事の一覧です。

2018/09/13

小水力発電入門セミナー(9/25)のご案内

[9月25日小水力発電入門セミナー開催] 全国小水力利用推進協議会では、以下の内容で「小水力発電入門セミナー」を開催します。小水力発電の概要、仕組み等について初心者の方を対象にした内容です。再生可能エネルギーとしてさまざまな可能性を持つ小水力発電について学んでみませんか。 (さらに…)

2018/09/13

【ご案内】一般社団法人電力土木技術協会の中部地域開催の研修会

一般社団法人電力土木技術協会(http://www.jepoc.or.jp/)が開催する研修会のご案内です。

平成30年度水力発電に係る人材育成のための研修会(中部地域)の開催について〈一般コース〉
http://www.jepoc.or.jp/upload/pdf/180827103423.pdf

2018/09/03

電子書籍のご案内

2018年9月3日掲載
連携団体の熊本県小水力利用推進協議会の兼瀬哲治さんの書籍『田舎のエネルギー革命』が電子書籍になりましたのでご案内いたします。
通信販売アマゾンのページ⇒リンク

2018/08/23

山形県、農業用水路の小水力発電所2カ所を稼働【環境ビジネスオンライン】

2018/8/22/掲載
山形県は8月17日、2014年度より同県が建設を進めてきた2カ所の小水力発電所「平津小水力発電所(遊佐町小原田地内)」と「日向川小水力発電所(酒田市福山地内)」が竣工し、7月30日より運転を開始したと発表した。
両発電所は、東日本大震災を踏まえ同県が2012年3月に策定した「山形県エネルギー戦略」に基づき整備したもので、農業用水路を活用する小水力発電所。
各発電所の概要は下記の通り。
平津小水力発電所
最大出力:60.1KW
年間発電量:363MWh (一般家庭約110戸分)
発電方法:月光川頭首工から取水する「月光川左岸幹線用水路」の流下水を利用した軸流プロペラ水車による発電
日向川小水力発電所
最大出力:118KW
年間発電量:670MWh (一般家庭約203戸分)
発電方法:日向川頭首工から取水する「両止幹線用水路」の流下水を利用した軸流プロペラ水車による発電
また、竣工式が8月27日の15時~(平津小水力発電所)と、8月31日の10時30分~(日向川小水力発電所)実施される予定。
山形県の再生可能エネルギーの取り組み
山形県企業局は、戦後復興期から60年近くにわたって水力発電を展開し、同県電力供給の一翼を担ってきた。
東日本大震災を契機として、再生可能エネルギーを活用した発電量の更なる増大が求められるなか、同県は「山形県エネルギー戦略」を踏まえた再エネ導入に取り組んでいる。
これにより、自治体による先導的事業(風力発電や太陽光発電)の実施や、浄水場などへの太陽光発電設備や小水力発電設備の導入など、積極的に事業を展開し、県内の電力供給にさらに貢献していくとしている。

https://www.kankyo-business.jp/news/021003.php

2018/08/21

関西広域小水力利用推進協議会 鳥取ツアー( 10/13-14 )

地域連携団体の関西広域小水力利用推進協議会からのご案内です。

「第7回小水力発電を訪ねる旅~新旧交代さ中の鳥取県を巡る」正式募集を開始します!
初めての「小水力発電を訪ねる旅」は2012年、広島と岡山方面を訪問しました。今回はその続編の意味合いを含めた鳥取県への旅です。
戦後、中国地方で活発に建設された多くの小水力発電所が長い歴史を経て、リプレースされる時期となっています。古い発電所を更新して新しい機会設備を導入し、新たな未来に歩み出そうとしている2つの発電所をメインに企画しました。
また、全国でも珍しい「環境立県推進課」を持つ鳥取県庁からレクチャーをいただき、「すいそ学びうむ」という次世代エネルギー施設も見学します。
小水力発電や再生可能エネルギーに関心のある多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
<見学先>
・南谷発電所=倉吉市、出力90kW
・すいそ学びうむ=鳥取市、水素体験学習館
・別府発電所=鳥取市、出力134kW
*********************
まだ調整中ですが、南谷発電所の近くにある山守発電所(停止中)がリプレース計画中ということで、古い外観だけも今のうちに見れたらと考えております。
これまでも、見学と同時に案内してくれた当事者の皆さんからのお話しをじっくり聞くという場面を大切にしてきました。
今回の初日は南谷発電所1ヶ所ですが、天神野土地改良区顧問の杉原さんから苦労話をお伺いする時間をとろうと思います。
「天神野」という地形がどのように形成され、そこを開拓してきた先人の歴史や、FIT制度以後、早い時期でのリプレース案件だったので、どのように農水省と交渉したのかなど、杉原さん達が再生可能エネルギーを活用して、農家の負担を減らしたいという思いをお伺いしたいと思っています。
詳しくはチラシを参照していただき、たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。
鳥取ツアーチラシ0819(PDF:1,117KB)
○申し込み連絡先:(株)マイチケット(藤原さん)
fujiwara@myticket.jp
連絡先:(株)マイチケット  TEL 06-4869-3444

http://kansai-water.net/wp/2018/08/21/鳥取ツアー%ef%bc%881013-14%ef%bc%89募集開始しています/

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら