過去に投稿された記事の一覧です。

2018/12/18

【経済産業省からの発信情報】トラッキング付非化石証書の販売にかかる実証実験について

2018年12月18日更新

経済産業省において、2019年2月に販売される非化石証書について、
電源種や発電所所在地などのトラッキング情報を付与する実証実験を行う運びとなりました。

実証実験には発電事業者も参加することができ、参加登録をした発電事業者の発電する電力に
付随する属性情報がトラッキングされ、小売電気事業者の購入する非化石証書に紐づけられます。
このトラッキング付非化石証書を活用した電気を小売電気事業者が販売し、需要家が調達した場合、
その電気は再生可能エネルギー由来とみなされ、需要家によるRE100の取組にも活用可能となるなど、
小売電気事業者・需要家においてトラッキングに対するニーズが高まっております。
そのようなニーズを捉える機会として、会員の皆様におかれましても、本実証実験への参加を
是非ご検討いただきたくよろしくお願いいたします。

なお、実証実験の詳細については、経済産業省プレスリリース
http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181217001/20181217001.html
【担当:電力基盤整備課 03-3501-1511(内線4761)】や、
本実証実験の委託事業者である日本ユニシスポータルサイト
https://www.unisys.co.jp/solution/lob/energy/fit_tracking/
をご覧ください。

 

2018/12/12

舟子川用水発電所 竣工式【水土里ネットくろべがわHPより】

2018年12月12日掲載
平成30年11月6日(火)に舟子川用水発電所の竣工式が執り行われました。
あいにくの雨でしたが、テープカットの頃には雨も上がっていました。
この発電所は地球環境にやさしい再生可能エネルギーである水力を利用し、土地改良区施設等の維持管理軽減やCO2の排出削減を図ることを目的に、黒部川左岸土地改良区が管轄する農業用水路を利用した小水力発電所です。
一級河川黒部川の愛本堰堤から黒西合口用水路を経て分水した舟子川用水路より取水し、約800m下流の黒部市宇奈月町浦山地内で発電所を建設。発生した電力は、電力会社に売電します。
最大使用水量は毎秒2.274㎥、有効落差は11.16mあり、最大出力190kWを発電するもので、低落差においても効率的な発電が可能なS型チューブラ水車を採用しています。
これにより、一般家庭約300世帯分に相当する電力を供給するとともに、年間約490tのCO2の排出削減が図られ、地球温暖化の防止に貢献することとしています。

http://www.tym-midori.net/kurobegawasagan/2018/12/12/舟子川用水発電所%e3%80%80竣工式/

2018/12/11

小水力発電の普及推進へ 富士宮、13日から全国大会【静岡新聞】

2018年12月11日掲載
 第4回全国小水力発電大会in富士宮(実行委、全国小水力利用推進協議会主催)が13~15日の3日間にわたり、「日本一の小水力発電のまち」を掲げる富士宮市で開かれる。テーマは「未来を照らす、地域の水の恵み」。産官学民一体で情報や課題の共有を図り、小水力発電の普及推進につなげる。
 会場となる同市には現在、最大出力が千キロワット以下の水力発電所(小水力発電所)が12カ所あり、その数と最大発電出力の合計が日本一を誇る。ほか4カ所で新発電所の建設も予定している。高低差と豊かな水資源を生かした小規模の水力発電が盛んな同市に関係者が一堂に集い、今後の在り方を考える。
 大会は13日、富士宮市民文化会館で倉阪秀史千葉大教授による基調講演と、地域での再生可能エネルギーの生かし方をテーマにしたパネル討論を行う。13、14の両日は同所で企業展も開催し、関係事業者32社・団体が出展する。14日は文化会館と富士山本宮浅間大社参集所の各会場で分科会を開き、市内での水力発電の新たな取り組みや電力の6次産業化などで議論を深める。いずれも市民の参加は無料。
 最終日の15日はエクスカーション(小旅行)を実施し、事前申込者が市内外の4コースを巡る。

http://www.at-s.com/news/article/local/east/576171.html

2018/12/10

Misumi、鹿児島県霧島市に小水力発電所 【日本経済新聞】

2018年12月10日掲載
Misumiは鹿児島県霧島市に小水力発電所「田口用水発電所」を建設し、10日から発電を始めた。総事業費は約1億円。最大出力は39.6キロワットで、年間予想発電電力量は一般家庭約100世帯分の年間消費量に相当する約30万キロワット時。全量を九州電力に売電し、年1000万円の売り上げを見込んでいる。
建設した発電所は霧島市の田口土地改良区の用水路を活用。途中落差を利用して発電し、全量を用水路に戻す完全従属発電となる。Misumiでは売電売り上げの5%を施設使用料として土地改良区に還元し、水利施設の維持管理費や賦課金低減などに充当してもらう。
同社は2015年に鹿児島県南大隅町に水力発電所を建設し、小水力発電に参入。今回が2カ所目となる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38744700Q8A211C1LX0000/

2018/12/06

板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働【岐阜新聞】

2018年12月06日掲載
 岐阜県が関市板取の板取川支流に整備を進めていた小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成し5日、運転を開始した。
 農業用水として利用する同川支流の岩本谷川で24メートルの落差を利用して水車を回し、発電する。最大出力は52キロワットで、年間発電量は一般家庭約120世帯の使用電力量に相当する43・1万キロワット時を想定する。総事業費は3億900万円。
 関市が管理運営主体で、地元自治会が実際の管理を担う。発電した電気は電力会社に売る。農業用水を活用する小水力発電所としては県内11施設目で、同市では初。売電による収入は最大で年間約1400万円になる見込みで、施設の管理費や市内の土地改良施設の維持管理費に充てる。
 通電式があり、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元関係者らが出席。尾関市長は「東日本大震災以来、自然エネルギーの必要性を実感していた。市も管理に力を尽くしたい」と述べた。続いて出席者がボタンを押し、通電を開始した。

https://www.gifu-np.co.jp/news/20181206/20181206-96041.html

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら