過去に投稿された記事の一覧です。

2018/12/06

自然電力、長野県小布施町にグループ初の小水力【日経xTECH 】

2018年12月6日掲載
 自然電力(福岡市)の100%子会社である長野自然電力合同会社(長野県小布施町)は、自然電力グループ初となる小水力発電所「小布施松川小水力発電所」を建設し、11月27日に竣工式を開催した。
 小布施町を流れる松川から取水した用水路を活用した流れ込み式発電所。最大使用水量は毎秒約1.5m3、有効落差は約14.4m。出力は約190kW。年間発電量は一般家庭約350世帯分に相当する約110万kWhを見込んでいる。
 発電した電力は、自然電力と長野県北信地域のケーブルテレビ事業者Goolight、小布施町が共同設立した、ながの電気(長野県小布施町)が小売電気事業者である自然電力の取次事業者として需要家に販売する。需要家への電力供給は自然電力が行う。
 発電設備には、オーストリアGUGLER Water Turbines製のフランシス型水車を採用した。自然電力は今後、GUGLERの小水力発電用水車とエンジニアリング技術の日本市場への導入を促進するとともに、再生可能エネルギーの多電源化に取り組むとしている。

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/120611762/

2018/12/06

九電みらい、熊本県山都町に小水力、再エネ5種が揃う【日経テクノロジーオンライン 】

2018年12月6日掲載
九電みらいエナジー(福岡市)は、熊本県山都町に中小規模の水力発電所「鴨猪(かもしし)水力発電所」を建設し、12月3日に竣工式を開催した。
 矢部周辺県立自然公園内に位置する水路式の水力発電所。山都町菅地区を流れる緑川水系鴨猪川から取水するかんがい用水路の一部と未利用落差を利用する。また、周辺環境に配慮し水圧管を埋設した。
 定格出力は1.99MW。年間の発電量は一般家庭約3200世帯分に相当する約960万kWhを見込んでいる。水車は東芝製、発電機は明電舎製を採用した。最大使用水量は毎秒0.96m3、有効落差は263.22m。
 2016年7月21日から敷地造成などの土木工事に着手し、2018年9月19日から営業運転を開始した。発電した電力は、九州電力に売電する。固定価格買取制度(FIT)の買取単価は27円/kWh。
 同発電所の営業運転を開始したことに伴い、同社は主要な再生可能エネルギー5電源(地熱、風力、バイオマス、太陽光、水力)がすべて揃うとしている。営業運転中の再エネ電源は合計約20万kW(200MW)。また、現在バイオマスなどを中心に約40万kW(400MW)を開発中としている。

http://j-water.org/wp-admin/post-new.php

2018/12/03

小水力発電事例集2018のP12、P13について

2018年12月3日

小水力発電事例集2018のP12、P13の修正版を掲載いたします。
修正版PDF(1.32MB)

2018/11/30

【お詫び】小水力発電事例集2018 13ページの写真について

2018年11月30日

本日発行しました小水力発電事例集2018に掲載されている『蓼科第四発電所 発電所全景の写真』に蓼科第三発電所取水設備の写真が掲載されています。

ご購入者のみなさま、関係者のみなさまにお詫び申し上げます。

蓼科第4発電所 全景

2018/11/22

第2発電所完工祝う 手取川宮竹用水 売電収入で農家の負担減 【北國新聞】

2018年11月22日掲載
 手取川宮竹用水第2発電所と、手取川宮竹用水土地改良区事務所の完工式典は21日、能美市宮竹町の同事務所で行われ、約200人が地形の落差を生かした小水力発電施設と用水の管理拠点の完成を祝った。発電所の売電で得られる収入は、施設の維持管理費に充てられるため、用水の流域に暮らす農家の負担軽減が図られる見通しだ。

 敷地面積は約7200平方メートルで、第2発電所は鉄骨造り平屋建てで347平方メートル。1・8キロ上流の能美市岩本町で取り込んだ用水を直径2メートルの地下埋設管で引き込み、15・4メートルの落差を利用してタービンを回す。

 年間発電量は一般家庭約1200世帯分の消費電力に相当する約400万キロワット時で、全量を北陸電力に売却する。売電収入は年1億円程度を見込む。2014年度に事業着手し、今年4月に稼働を開始した。事業費は約22億円で、付帯工事を除く半額は国が助成した。

 事務所は鉄骨造り2階建て延べ床面積は636平方メートル、車庫棟は鉄骨平屋建て183平方メートル。能美市寺井町の旧事務所が手狭な上、取水施設などが集まる上流域から離れており、管理の円滑化を目的に移転した。事業費は約4億円となる。

 式典では、善田晋作理事長が「第1発電所と合わせると、年間で約2500世帯分の電力を生み出せる。地域の負託に応え、今後も新たな歩みを続ける」と式辞を述べた。谷本正憲知事、平岩裕規北陸農政局次長、作野広昭県議会議長、井出敏朗能美市長が順に祝辞を贈り、焼田宏明県議会副議長の発声で乾杯した。

 宮竹用水は手取川左岸の農地を潤す農業用水で、手取川宮竹用水土地改良区は、能美、小松両市の流域で恩恵を受ける、組合員の農家約3250人からの「賦課(ふか)金」で運営されている。第2発電所の完成によって、将来的に賦課金の抑制が見込まれるとされる。

https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20181122104.htm

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら