過去に投稿された記事の一覧です。

2017/07/07

西部農林 小水力発電施設18年度に採択へ【建通新聞】

2017年7月7日掲載
 静岡県西部農林事務所は、都田川ダム(浜松市北区引佐町)の取水施設を利用した小水力発電施設の建設を計画している。2018年度の事業採択を目指し、17年度は事業計画概要書を作成する。
(全文は転載元より会員登録のうえ閲覧できます)

http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/170706100053.html

2017/07/06

中小水力の建設市場、2030年度に20万kW、2700億円に拡大【日経テクノロジー】

2017年7月6日掲載
  矢野経済研究所は7月4日、国内の中小水力の発電電力市場および発電所建設市場の調査結果を発表した。2016年度の中小水力の発電電力量は2015年度比4.0%増の490億kWhだった。2020年度には511億kWh、2030年度には593億kWhまで拡大すると予測する。
 中小水力発電とは、出力100kW未満のマイクロ水力、100kW以上~1000kW未満の小水力、1000kW以上~3万kW未満の中水力を指す。2012年にスタートした再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)により中小水力発電が20年間の買取対象となったことを受け、2014年度から市場が急激に立ち上がった。
 FIT適用に伴い新たな中小水力発電の開拓や再整備が行われたことで、2016年度の発電量のうちFIT適用分は2015年度比33.3%増の20億kWhに、FIT買取金額は同33.8%増の523億円に増加した。また、2020年度のFIT適用分は40億kWhの1000億円、2030年度は119億kWhの2300億円に拡大すると予測する。
 また、中小水力発電所の建設市場規模(当該年度竣工ベース、発電容量、建設費)は、2016年度が8.5万kWの1245億円だった。今後もプラス基調が続き、2020年度は10.5万kWの1680億円、2030年度には20万kWの2700億円に拡大する見通し。
 中小水力発電は、相対的に買取価格が高く維持されているとから、2017年度以降も当面3年間は活況が続く見込み。その一方、重要部品である水車を製造できるメーカーが限られ、技術要員数や生産設備についてもメーカーのキャパシティに限界があることが設備供給のボトルネックとなっている。
 このほかにも、各地域の電力会社での系統容量に制限があり、再エネ発電設備を接続できない、接続に莫大な費用が掛かる場合が増えている。電力システム改革の一環である2020年の発送電分離などを契機に、系統接続問題の改善が期待される。
 中小水力発電事業者、発電設備機器メーカー、コンサルタント、土木工事街者を対象に、専門調査員による直接面談、電話や電子メールによるヒアリング、文献調査併用による調査を行った。調査期間は2017年4~6月。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070508246/

2017/07/04

【矢野経済研究所調査結果サマリー】中小水力発電市場に関する調査を実施(2017年)-FIT適用により、渓流水、農業用水、工業用水、上下水道等の落差・流量を利用した発電が急伸-【宮崎日日新聞】

2017年7月4日掲載
1.調査期間:2017年4月~6月
2. 調査対象:中小水力発電事業者、発電設備機器メーカー、コンサルタント、土木工事会社
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2017年6月28日

<中小水力発電とは>
中小水力発電とは、マイクロ水力(100kW未満)、小水力(100kW以上1,000kW未満)、中水力(1,000kW以上30,000kW未満)の水力発電をさす。
◆中小水力発電市場は2014年度に立ち上がり、2030年度の中小水力発電の発電電力量は593億kWhに拡大と予測
◆2016年度のFIT適用分の発電電力量は20億kWhに、FIT買取金額は523億円へ増加
◆2016年度に竣工した中小水力発電の発電所の発電容量は8.5万kW、建設費は1,245億円、今後もプラス基調が続く

無断転載禁止
詳細プレスリリースは以下をご参照ください。

■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001705
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000155981

http://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000155981

2017/07/03

「流雪溝」に小水力発電、金沢工業大学がポンプ逆転水車で【日経テクノロジー】

2017年7月3日掲載
 金沢工業大学は、地域連携事業の取り組みのひとつとして小水力発電所「白峰まちづくり発電所」を建設し、5月26日から発電を開始した。発電所から得られた各種データを、ビッグデータとして再生可能エネルギーの研究に活用する。
 白峰まちづくり発電所は、NPO法人白峰まちづくり協議会が地域活性化事業として整備した小水力発電所。金沢工業大学と共同で事業を推進する荏原商事(東京都中央区)、別川製作所(石川県白山市)の協力で発電所設備を建設した。
 除雪した雪を河川まで運ぶ流雪溝を活用し、積雪期間を除く春から秋にかけての水流を利用して発電する。水車の形式はポンプ逆転水車(再生利用)で落差は6.9m、使用水量は最大0.17m3/秒。発電機出力は7.1kW、年間発電量は最大3万9000kWhの見込み。発電した電力は北陸電力に売電し、売電収益はまちづくり事業に活用する。
 金沢工業大学は、産学連携で地方創生イノベーションを実現する「地方創生研究所」を設立している。同発電所は研究所が行うプロジェクトとして初の社会実装事例となる。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070308188/?rt=nocnt

2017/06/29

「流雪溝」の水流で小水力発電、売電収益を町づくりに生かす【スマートジャパン】

2017年6月29日掲載
豪雪地帯である石川県白山市の白峰地区には、除雪した雪を河川まで運ぶ「流雪溝」が敷設されている。金沢工業大学などはこの流雪溝の水流を活用する小水力発電所を設置した。売電収益は地域の活性化に生かす。
[陰山遼将,スマートジャパン]

 全国でも有数の豪雪地帯で知られる石川県白山市の白峰地区。金沢工業大学は県内の企業やNPO法人と協力して小水力発電所を建設した。「流雪溝」の水流を利用するのが特徴の発電所で、2017年5月26日から本格的に稼働を開始した。
 発電所の名称は「白峰まちづくり発電所」。白峰地域一帯には、除雪した雪を河川まで運ぶ流雪溝が敷設されており、一年を通じて水が流れているという。この水流を雪が降らない春から秋の時期にかけて利用し発電を行う。
 発電所の出力は7.1kW(キロワット)で、有効落差6.9mを利用して発電する。年間発電量は最大で約3万9000kWh(キロワット時)を見込んでいる。発電した電力は「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」を利用し、北陸電力に売電を行う。年間の売電収益は約80万円を見込んでいるという。売電収益は地域の町づくり事業に活用する。発電所から得らるデータは、再生可能エネルギーの研究に生かしていく。
 金沢工業大学は産学連携による地域活性化を目指し「地方創生研究所」を設立している。白峰まちづくり発電所は同研究所による産学連携プロジェクトの第1弾である。NPO法人である白峰まちづくり協議会の他、発電所の建設については荏原商事、別川製作所と協力した。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1506/01/news030.html

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら