過去に投稿された記事の一覧です。

2017/05/10

日本工営が小水力発電でシンガポール企業に出資【日経コンストラクション】

2017年5月10日掲載
 日本工営は2017年5月8日、小水力発電などの電力事業を対象とするシンガポールの投資会社、アイロンモントハイドロに出資することで同社と合意した。投資判断などに関与することで、民間主導で実施する電力事業の知見を獲得し、実績を積むことなどが狙いだ。個々の投資案件で、アドバイザリー業務などの受注も目指す。
 アイロンモントハイドロの第三者割当増資を引き受ける形で、事業の進捗に応じて総額1000万米ドル(約11億円)を出資する。日本工営は2017年5月にシンガポールで拠点を開設しているが、アイロンモントハイドロの投資判断などに関与するため、新たに社員を派遣する。
 アジア地域では、電力供給網の整備や民間資金を活用した電力事業の開発などで大きな伸びが見込まれている。日本工営は中期経営計画で再生可能エネルギー事業の強化を打ち出しており、今回の投資もその一環。得られた知見を、東南アジアを中心としたエネルギーインフラ事業関連の業務受注の布石としたい考えだ。
 アジア地域での再生可能エネルギー事業に関して、日本工営は2016年からインドネシアのチカエンガン川で現地法人を通じて小規模水力の独立系発電事業(IPP)に参入しているほか、フィリピンの電源開発会社に出資している。アイロンモントハイドロが出資するインドネシアの水力発電事業者、アルコラハイドロなどが手掛ける複数の中小水力発電事業では、日本工営のグループ会社が技術レビュー業務などを受注している。(フリーライター 山崎一邦)

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16179520Q7A510C1000000/

2017/05/10

若狭町が熊川宿に LED街灯に利用 「マツバ」寄付 【毎日新聞/福井】

2017年5月10日掲載
 若狭町は日本遺産・鯖街道の宿場町「熊川宿」を流れる農業用水路3カ所に4基の小水力発電機(出力5~10ワット)を設置した。発光ダイオード(LED)を使った街灯や案内看板の照明などに利用する。
 発電機は、水面に対し垂直に入れた軸の先にある羽根車を水の流れで回転させて発電する仕組み。滋賀県湖南市の電装品加工メーカー「マツバ」が、同町に子会社を置いている縁で町に寄付した。
 2日夜には旧熊川村役場前で点灯式が開かれた。発電機で作った電気で会場に張られた青色の電飾が照らされると、参加した約50人の住民から拍手が起こった。
 町では既に若狭瓜割名水公園(天徳寺)にも同社製の発電機が設置されており、木製水車のライトアップなどに活用されている。
 マツバグループの高畑松夫会長(81)は「東京電力福島第1原発事故後に、小水力発電の開発に取り組んでいる。自然エネルギーの普及につながれば」と話した。【高橋一隆】

https://mainichi.jp/articles/20170510/ddl/k18/010/313000c

2017/05/10

日本工営が小水力発電でシンガポール企業に出資【日経コンストラクション】

2017年5月10日掲載
 日本工営は5月8日、小水力発電などの電力事業を対象とするシンガポールの投資会社、アイロンモントハイドロに出資することで同社と合意した。

※全文は転載元より会員登録のうえ閲覧できます。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/cntnews/15/00806/

2017/05/09

新日本コンサルタント インドネシアに発電所 小水力 2万世帯超分賄う【北日本新聞】

2017年5月9日掲載
 新日本コンサルタント(富山市吉作、市森友明社長)は、インドネシア・スマトラ島に2万世帯超の電力を賄う小水力発電所を建設する。国内で培った建設・運営のノウハウを生かした同社初のインフラ輸出となる。約30億円を投じ、2020年の本格稼働を目指す。
 富山市や水機工業(同市黒崎)、国際協力機構(JICA)と共に、同国バリ島の電力不足解消を目指して進めている小水力発電プロジェクトの一環で、新日本コンサルタントは現地調査などに携わる。
 プロジェクトには小水力発電に関する設計・施工の技術を新興国の発展に生かすとともに、東南アジアの経済成長を日本側にも取り込む狙いがある。
 同社グループが運営する再生可能エネルギーの発電所は、富山市八尾町のメガソーラー、南砺、金沢両市の小水力発電所各1カ所に続き、今回で4カ所目。建設と運営は、グループ企業のニックスニューエネルギー(富山市吉作)を通じて設立した現地法人が担う。設備投資の資金の一部は商工中金富山支店などから融資を受けた。
 小水力発電を行うのはスマトラ島南西部ブンクル州のケタウン川。現地の地形は急峻(きゅうしゅん)で降水量が多く、発電に適しているという。標高約400メートルの川沿いに全長2・7キロの設備を設け、毎秒36トンを取水する。
 39メートルの落差を生かして水車を回し発電する。最大出力は約1万3千キロワット。現地の国営電力会社に全て売電し、年間約6億6千万円の収入を見込む。18年の着工を目指し、用地買収を進めている。同社は今後も東南アジアに向けた小水力発電の輸出の可能性を探る。

http://webun.jp/item/7366501

2017/05/09

小水力発電 前橋市が推進 再生エネ普及 機運醸成【日本経済新聞】

2017年5月9日掲載
 前橋市は市内の河川や湖沼を活用した小水力発電に力を入れる。群馬大学が開発中の新技術を使った小規模な水力発電の実証実験を市中心部で実施するほか、赤城山頂付近の大沼を水源とする農業用水に発電施設を建設し、売電する。地元に豊富な水資源の街づくりなどへの活用法をさぐると同時に、再生可能エネルギー普及の機運醸成につなげる。
 群馬大との実証実験は6月にも、市内を流れる風呂川の水を引き込んで、前橋城の空堀跡の遊園地「るなぱあく」で始める。同大理工学部の栗田伸幸准教授が開発を進める磁気浮上技術を使ったマイクロ水力発電装置を設置する。
 水車で動く装置は、長さ50センチ、幅13センチほどの大きさで、出力70ワット。発光ダイオード(LED)電球2000個を光らせる発電能力がある。発電能力は小さいが人目に触れやすい市街地の人気スポットに置くことで、小水力発電への市民の関心を高める。
 通常の発電用水車が軸受け部分にボールベアリングを使っているのに対し、磁気浮上技術を使った水車は摩擦が少ないため発電効率が良く、騒音が少ない。耐久性に優れており、同じ技術が人工心臓の開発にも利用されている。
 大沼から水を引く農業用水、赤城大沼用水を使った小水力発電事業は2018年夏に始める。山腹に延長約1.2キロ、落差約109メートルの導水管を作り、水車と発電機を設置して発電する。
 出力は最大236キロワット、年間発電量は1195メガワット時で、一般家庭約330世帯分の消費電力に相当する。建設費は約4億5000万円。発電した電力は東京電力に売る計画だ。
 30年間の売電収入は約8億円、建設費や管理費を差し引いた収益は約1億8000万円を見込んでいる。
 地域資源の新たな使い道をみつけて有効活用することで、二酸化炭素(CO2)の削減や環境政策の充実だけでなく、エネルギー問題への市民の関心を高める狙いがある。山本龍市長は「あらゆる潜在エネルギーを活用できるよう挑戦していきたい」と話している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16100890Y7A500C1L60000/

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら