過去に投稿された記事の一覧です。

2019/01/11

第44回 調達価格等算定委員会について

2019年1月11日更新
1月9日の調達価格等算定委員会で、2021年度の中小水力は据え置きとする委員長案が提示されました。詳しくは同委員会の経産省ホームページをご覧ください。
○第44回調達価格等算定委員会(経産省ホームページ)
 http://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/044.html

2019/01/09

西部農林 小水力発電施設は実施設計へ【建通新聞】

2019年1月9日掲載
 静岡県西部農林事務所は、都田川ダム(浜松市北区引佐町)の取水施設を利用した小水力発電施設を建設するため、実施設計の委託費を2019年度当初予算に要望する。実施設計で計画発電量などを詰め、20年度の工事着手を目指す。

https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/181220100062.html

2019/01/09

岡山の地域新電力、夏から家庭向け供給開始 北東部10市町村対象【日本経済新聞】

2019/1/9掲載
岡山県北東部の美作地域を拠点とする新電力会社、美作国電力(岡山県津山市)は今夏から家庭向けの電力供給を始めると発表した。津山市など全10市町村を対象に、再生可能エネルギーを中心に大手電力より割安に提供していく。エネルギーの地産地消を進めることで、地域活性化に貢献する考えだ。
同社は岡山県を中心にスーパー「マルイ」を展開するマムハートホールディングス(HD、同)を主体に、津山市周辺の企業などが出資し2018年7月に設立。12月21日付で、小売電気事業者の登録を受けた。
当初は電力を卸売市場から調達し、随時、地域内のダムを中心に小水力発電やバイオマス発電、家庭用太陽光パネルなどの余剰電力の直接買い付けにシフト。最終的に、供給電力量の半分を地域内の再生可能エネルギーで賄いたいとしている。
家庭向けの低圧供給では2月から試験送電を行い、4月に受け付けを開始。6月ごろから本格供給する予定で、初年度に2375世帯、3年後に7500世帯との契約を目指す。販売価格は調整中で、マムハートHDが運営するスーパーのポイントカードへのポイント付与も計画している。
家庭向けに先んじて、3月に事業所や公共施設向けの高圧供給を開始。家庭向けと合わせて初年度に供給電力量2万5000メガワット時、4億2500万円の売り上げを目指す。その後、3年後にそれぞれ9万メガワット時、15億円に引き上げる計画だ。今後も域内の企業や自治体に出資を呼び掛けるほか、発電事業への投資や街おこし事業の支援など手掛ける方針だ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3981422009012019LC0000/

2019/01/07

栃木県小水力利用推進協議会開催のセミナーについて

標記についてご案内いたします。
2月5日(火)13:00~とちぎ福祉プラザでの開催です。
お申し込みはご案内【PDF:86KB】にてご確認ください。

2019/01/07

美作国電力 エネルギー地域循環へ 19年夏、10市町村に供給開始【山陽新聞 】

2019年01月07日掲載
 美作地域10市町村を中心とした企業の出資でつくる地域新電力会社「美作国(みまさかのくに)電力」(津山市二宮)は7日、エリア内で今夏から電力供給サービスを開始すると発表した。地域で発電された電気を購入し、一般家庭や事業所、公共施設に供給。エネルギーの地域循環と経済活性化を目指す。

 計画では、各種発電事業者が手掛けた電力や一般家庭の太陽光パネルで発電した余剰電力、バイオマス発電、小水力発電による地域電力を買い取り、電力大手より安く売り出す。美作地域の消費電力需要を年間400億円と試算。5年後にエリアの全電力需要の10%に当たる40億円を売り上げ目標に掲げる。

 初年度の供給電力量は一般家庭6千世帯分に当たる約2万5千メガワット時を想定。全量をエリア外の新電力から購入し、約4億円の売り上げを見込む。翌年度以降、地元からの供給量を増やし、最終的に50%を地域の発電事業者から調達し、残りは大手電力や新電力会社で賄うとしている。

 送配電は既存の電力網を利用する契約を結んでおり、2月から試験供給をスタート。一般向けの電力販売契約は4月から受け付ける。買い取り、販売価格ともに詳細を調整中。

 今後は域内の企業、自治体へも出資を呼び掛け、官民連携の事業化を図る。地域が取り組む小水力やバイオマスといった発電事業に投資し、環境負荷が低いエコ電源開発のほか、自治体のまちおこし事業や新規ベンチャーも支援するという。

 津山市役所で会見した美作国電力の松田欣也社長は「美作地域を母体とした“地産地消の電力事業”の仕組みをつくることで、地域の活力につなげていきたい」と述べた。

 同社は、スーパー経営などのマルイグループ統括会社・マムハートホールディングス(同市二宮、松田社長)を中心に計10社で昨年7月に設立。12月に小売電気事業者の許可を取得した。資本金3千万円。従業員5人。

http://www.sanyonews.jp/article/849172

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら