過去に投稿された記事の一覧です。

2013/10/08

年内に小水力発電所 温泉熱計画/風力と太陽光は稼働−東伊豆町【伊豆新聞:2013/10/05】

東伊豆町が水力発電施設を整備する奈良本けやき公園横を流れる濁川 ■再生可能エネひとそろい

東伊豆町は本年度、同町奈良本の濁川に小水力発電施設を整備する。熱川温泉で温泉熱発電施設も計画している同町では、稼働済みの風力と太陽光と合わせて、主要な再生可能エネルギーの発電所がひとそろいすることになる。

整備箇所は奈良本けやき公園の横を流れる上流部。計画によると、公園上流から川の水を一部取り込み、落 差のある総延長約350メートルの配管を下って勢いをつけた水で羽根を回して発電する。発電能力は500ワット。電気は公園内の街灯などへの活用を検討し ている。総事業費は約530万円で、県から2分の1の補助を受ける。完成は年内を予定しており、教育や誘客にも活用していく。

同町は2003年度に県内自治体に先駆けて風力発電事業を始めたほか、公共施設への太陽光発電導入を積 極展開。本年度は小水力発電に加えて、全国の自治体で初となる温泉熱発電施設を伊豆熱川駅前足湯公園「熱川湯の華ぱぁーく」の源泉に整備する計画を進めて いる。2施設が稼働すれば、主要な再生可能エネルギーの発電所がそろい、県と共同で進めるまちづくり計画「エコリゾートタウン東伊豆」の前進につながると 期待している。

同町は「今後も新たな再生可能エネルギーが実用段階になれば、導入を検討したい」という。

水力発電は伝統的発電方式で、伊豆地区の天城山系にも過去に複数の発電所があった。同町では現在、東京電力子会社の東京発電が白田川で「白田川発電所」(1927年運転開始)を稼働している。

【写説】東伊豆町が水力発電施設を整備する奈良本けやき公園横を流れる濁川

http://izu-np.co.jp/shimoda/news/20131005iz1000000111000c.html

2013/10/08

三原の小水力発電に”光” 四電規制緩和で容量に余裕【高知新聞:2013/10/04】 

 【写真】小水力発電所を構想する下ノ加江川の芳井堰で「何とか操業を」と話す増井三郎理事長=右=ら(三原村芳井) 自然エネルギー発電事業の新規参入の電力規制が今年5月に緩和されたのを受け、幡多郡三原村の住民グループが稼働を目指しながら、頓挫状態になっていた小水力発電所事業の参入の可能性が再浮上している。関係者は「チャンスが出てきた。何とか操業にこぎ着けたい」と準備を進めている。

【写真】小水力発電所を構想する下ノ加江川の芳井堰で「何とか操業を」と話す増井三郎理事長=右=ら(三原村芳井)

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=309008&nwIW=1&nwVt=knd

2013/10/08

小水力発電所を北海道の真ん中に、夏の流量は冬の2倍【スマート・ジャパン:2013/10/04】

主力の火力発電に加えて再生可能エネルギーを全国で拡大中のJ-POWER(電源開発)が初めての小水力発電所を建設する。北海道の中央を流れる十勝川にあるダムからの水流を生かして、最大470kWの発電を可能にする計画だ。季節によって流量が変動し、夏季には冬季の2倍になる。[石田雅也,スマートジャパン]
 広い北海道のほぼ真ん中を流れる十勝川の流域には、河口までのあいだに大規模なダムや水力発電所が数多くある。発電事業者のJ-POWERは8カ所の水力発電所を十勝川の水系で運転している。

 そのうちのひとつ「熊牛発電所」(出力1万5400kW)の上流にある「屈足(くったり)ダム」で、小水力発電所の建設工事を10月1日に開始した(図1)。

 屈足ダムからは下流地域の治水や環境保護を目的に、一定の「河川維持流量」を流し続けている。通常の水力発電では利用しない少量の水流だが、これを小水力発電に活用することにした。「くったり発電所」はJ-POWERで初めての小水力発電所として、2015年4月から稼働する予定だ。

 維持流量はダムの放水口の横に設置した放流設備を通して流れ出る(図2)。この放流設備を改造して水車発電機を設置する。発電能力は最大で470kWになる。

 ダムからの維持流量は周辺地域の農業にも利用するため、夏季には冬季の2倍に増える。それに応じて発電量も変動する。

 近隣のダムでも同様の小水力発電は可能で、今後さらに導入プロジェクトが広がっていく見通しだ。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1310/04/news019.html

2013/10/04

東京都心の給水所で小水力発電、落差がなくても420世帯分の電力【スマートジャパン:2013/10/03】

京都が水道事業に利用している都心の給水所で、初めての小水力発電設備が運転を開始した。水流の落差を生かした通常の発電方法とは違って、長距離を配水するための余剰圧力で発電する。一般家庭で420世帯分の電力を供給することができ、年間に4600万円の売電収入を見込む。
[石田雅也,スマートジャパン]

 東京都の水道局は23区内に20カ所以上の給水所を運営して、家庭や事業所などに水道水を供給している。23区で最も東側の江戸川区にある「葛西(かさい)給水所」で10月1日から小水力発電が始まった(図1)。

 発電能力は小水力としては規模の大きい340kWを発揮することができる。年間の発電量は140万kWhに達する見込みだ。固定価格買取制度を利用して、新電力のサミットエナジーに全量を売電する。1kWhあたり33.18円で売電して、年間に約4600万円の収入を想定している。

 この小水力発電の特徴は、配水に必要な余剰圧力で水車を回して発電するところにある。東京23区の東部地域に供給する水道水は「金町(かなまち)浄水場」から供給している(図2)。江戸川区では浄水場からの水道水を葛西給水所の配水池に引き込んだうえで、需要に合わせて区内に配水する仕組みになっている。

 さらに葛西給水所を経由して、南の大田区にある「東海給水所」まで配水するルートが造られている。距離の離れた給水所までは、浄水場のポンプで高い圧力をかけて送り出す必要がある。経路の途中にある葛西給水所では余分に圧力がかかった状態で水が送られてくるため、余剰圧力のかかった水流を発電設備に取り込んでも、発電後に減圧された水流が問題なく配水池まで届く(図3)。

 以上のような原理で小水力発電が可能になった。東京都の水道設備では初めての取り組みで、まだ全国でも同様の事例は少ない。東京都が水道事業のために運営している浄水場は規模が大きいものだけでも金町浄水場を含めて4カ所にあり、そこから多数の給水所を経由して都内に配水している。

 東京都は葛西給水所の取り組みを皮切りに、小水力発電の導入量を大幅に増やしていく計画だ。オリンピックを開催する2020年までに、再生可能エネルギーを加えた自立分散型の電力供給体制を強化する方針で、給水所における小水力発電を施策のひとつに掲げている。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1310/03/news018.html

2013/10/04

葛西給水所で水力発電【読売新聞:2013/10/02】

都水道局 年4600万円売電収入見込む
都水道局は1日、江戸川区の葛西給水所で小水力発電設備の運転を開始したと発表した。
金町浄水場(葛飾区)との高低差を利用し、一般家庭約420戸分の年間使用量にあたる約140万キロ・ワット時を発電する。1キロ・ワット時当たり33・18円で新電力の「サミットエナジー」(中央区)に売電し、年間約4600万円の収入を見込む。
 発電設備などの整備費用約2億5000万円は、5年9か月で償還する予定で、同局は「今後も費用対効果を考えながら、小水力や太陽光発電などの導入を拡大したい」としている。
(2013年10月2日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20131002-OYT8T00065.htm

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら