過去に投稿された記事の一覧です。

2013/08/09

社会 : 発電事業化へ調査研究 飯島町自然エネ推進協が発足【長野日報:2013/08/05】

 飯島町自然エネルギー推進協議会の設立総会が3日夜、町文化館で開かれた。小水力や太陽光などの普及を目指し、町民有志約50人が出席。

 会長に浜田稔さん=本郷第一=を選び、将来的には町内で発電を事業化することを目指して調査研究などをする今年度事業を決めた。  昨年から町が開いてきた自然エネルギーについての講演会などに参加して関心の高い住民が声を掛け合い、設立の準備を進めてきた。事務局は町が務める。

 協議会は、地域循環型・地産地消型の再生可能なエネルギーを普及啓発し、持続可能な地域をつくることが目的。既存の大企業による事業ではなく、地域住民が主体となって進めていく。発電が事業化できれば、観光資源にもなり、交流人口が広がるなど、多方面で地域振興につながることを期待している。

 浜田会長は「何年か後に、今日のこの集まりが、まちづくりに自然エネルギーを加える第一歩だったと振り返ることができる取り組みにしたい」と述べた。総会後には天竜川上流河川事務所の中谷洋明所長の講演もあった。

転載元 http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=29132

2013/08/09

宍粟市 小水力太陽光発電システム基礎調査 【建通新聞:2013/08/08】

兵庫県宍粟市は、小水力・太陽光発電システム整備工事基礎調査業務を委託するため、公募型プロポーザルの手続きを開始した。8月16日まで企画提案書を受け付け、1・2次審査を経て、8月26日に結果を通知する。

転載元 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/130807700036.html

2013/08/09

神奈川県箱根の小水力発電所が約30年ぶりに復活!【環境ビジネス:2013/08/09】

再生前再生後

 東京発電(東京都)は、神奈川県足柄下郡箱根町に、水力発電所「須雲川発電所」を建設し、8月7日に営業運転を開始した。同発電所の出力は190kW。年間発電量は約110万kWh(一般家庭約300軒分の年間使用電力量に相当)。

 発電した電気は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して全て東京電力に売電する。これにより同社は、関東甲信越に69カ所、総出力約18万4,000kW の水力発電所を保有することになった。

 

 水車発電機の再生前(左)と再生後(右)

水車発電機の再生前(左)と再生後(右)

 同発電所は、昭和29年に神奈川県箱根町の旅館が自家消費用として開発したが、設備の老朽化等により昭和59年に発電所を廃止し、設備は箱根町の所有となっていた。切迫している電力供給事情への寄与及び再生可能エネルギー利用拡大を図るべく、今年2月より再生工事を行っていた。

 須雲川は、大観山を水源とする本流と、二子山を源流とする支流などからなり、須雲川発電所は、本流より毎秒0.58立方メートルを取水し、約40メートルの落差を利用して発電を行う。

転載元 http://www.kankyo-business.jp/news/005494.php

2013/08/09

14年度本体着工へ羽布ダム地区小水力発電【建通新聞:2013/08/08】

 愛知県西三河農林水産事務所が新設を計画している羽布ダム地区小水力発電施設は、年明け1月にも一部工事発注される見通しだ。同事務所では、詳細設計をNTCコンサルタンツ中部支社(名古屋市中区)に委託するとともに、発注に向け準備を進める。

転載元 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/130808300018.html

 

2013/08/09

30年近く止まっていた小水力発電所、設備を一新して電力供給を再開【スマート・ジャパン:2013/08/09】

 神奈川県の箱根町で1954年に運転を開始した水力発電設備がある。地元の旅館が自家用に建設したものだが、1984年から30年近く停止したままの状態が続いていた。新たに発電設備を再生させて、最大出力190kWの小水力発電所として運転を再開した。[石田雅也,スマートジャパン]

  再生した小水力発電所は、神奈川県の西部を流れる須雲川(すくもがわ)に建てられた「須雲川発電所」である(図1)。温泉で有名な箱根町にあり、もともと地元の旅館が自家用の発電設備として運営していた。

図1 「須雲川発電所」の所在地。出典:東京発電

図1 「須雲川発電所」の所在地。出典:東京発電

 

 最初に運転を開始したのは59年前の1954年で、それから30年間にわたって稼働を続けたものの、1984年に運転を停止した。以後は箱根町が設備を所有していたが、東京電力グループの東京発電が受け継いで2013年2月から再生工事に着手した。

 老朽化した発電機と建物を一新して、6カ月後の8月7日に営業運転にこぎつけた(図2)。須雲川から取り込む毎秒0.58立方メートルの水流を使って、最大190kWの電力を供給することができる。発電に利用する水流の落差は約40メートルある。

図2 再生した水車発電機と発電所建物。出典:東京発電

図2 再生した水車発電機と発電所建物。出典:東京発電

 年間の発電量は110万kWhを見込んでいて、一般家庭で300世帯分の電力使用量に相当する。東京発電は固定価格買取制度を利用して、親会社の東京電力に全量を販売する方針だ。出力が200kW未満の小水力発電による電力は1kWhあたり34円で買い取ることが決まっているため、年間に3700万円程度の収入になる。

 東京発電は東京電力グループの発電専門会社として1928年に設立された。関東・甲信越で69カ所の水力発電所を運営して、総出力18万kWの電力を東京電力に供給している。近年は自治体を中心に小水力発電の建設や企画・設計を請け負う事業にも力を入れている。

転載元 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/09/news019.html

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら