過去に投稿された記事の一覧です。

2013/12/12

日本工営/発電事業会社を設立/SPC統括 小水力、地熱も 【建設通信新聞:2013/12/12 】

日本工営は、自らが事業主体となって発電を手掛ける発電事業会社を、2014年に設立する方向で検討を進めている。小水力だけでなく、地熱や太陽光も想定している。廣瀬典昭社長は新会社のもう1つの役割として、小水力発電のSPC(特定目的会社)を既に3社設立し、今後も増える見通しのため、「全体を統合する仕組みをつくらなければいけない」と説明した。

地熱発電は検討中のプロジェクトが数件ある。小水力と比べ初期投資の規模が大きいため、単独で行うよりも資本参加する可能性がある。太陽光発電は福島事業所(福島県須賀川市)で、エネルギーのマネジメントシステムを構築するための実験をしている。収益が見込める案件があれば、太陽光発電も手掛ける考えだ。また、発電事業を「EPC(設計・調達・建設)方式で、すべて一括してやってほしいという話もある」(廣瀬社長)ことから、新会社は事業として受注するケースもあるとみられる。

同社は現在、小水力発電のSPCとして新曽木水力発電(鹿児島県伊佐市)、NKダムESCO栃木(東京都千代田区)、長野水力(長野市)の3社を設立している。

福島県営の四時(しとき)ダムでもESCO(エネルギー・サービス・カンパニー)事業を予定しているため、新たにSPCを設立するほか、事業者として実施する候補案件が複数あり、さらにSPCが増える見通しだ。これらのSPCを束ねるためにも、持ち株会社として設立することを検討している。
[ 2013-12-12  1面]

http://www.kensetsunews.com/?p=23205

2013/12/12

小水力発電 仕組み学ぶ 加賀の児童、国8工事に設置で【中日新聞:2013/12/12】

 加賀市上河崎町の国道8号の拡幅工事現場に、地下水を利用して発電する小水力発電装置がお目見えし、同市南郷小学校の四~六年生四十人が十一日、見学した。児童たちは、装置で発電した電気で街路灯をともす仕組みなどを学んだ。(服部展和)

 工事を担当する国土交通省金沢河川国道事務所によると、県内の工事現場に小水力発電装置を設置したのは初めて。年末まで続ける。

 工事は黒瀬町から加茂町までの一・九キロの区間で実施。片側一車線を二車線に広げ、二〇一五年三月の完成を目指している。

 小水力発電装置は、国道の下をくぐる農道の工事現場から出る地下水を利用。地下水は従来、そのまま水路に流していたが、装置を使うことで一日十二~十三ワットの発電量が確保できる。装置に蓄電し、毎日午後六~八時に街路灯を点灯。国道沿いの仮の歩道を照らしている。

 見学した六年生の吉井こころさん(12)は「水を通すと電気ができるところが面白い」と興味津々だった。

2013/12/09

中濃農林下之保多良木小水力概略計画委託【建通新聞:2013/12/09】

 岐阜県中濃農林事務所は、県営農村環境整備事業(小水力発電整備型)で「下之保多良木地区」の概略計画策定業務を若鈴コンサルタンツ岐阜営業所(大垣市)に委託した。委託期間は2014年3月20日まで。

2013/12/09

ミンダナオ島の小水力発電事業、日本メーカーから調達【日経BP社 ケンプラッツ:2013/12/09】

 長大はフィリピン・ミンダナオ島の複数エリアで、小水力発電事業を現地企業と共同で進めている。一連の事業の一つであるアシガ川小水力発電事業で、水力発電機を日本メーカーの富士・フォイトハイドロ(川崎市)から調達することが決定。12月6日に東京都内で関係者による調印式が実施された。横軸フランシス型水車発電機(定格落差108.44m、定格流量9.0m3/秒、出力4MW)を2基、調達する。

 
フィリピンのミンダナオ島で長大らが進める小水力発電事業の位置関係図(資料:長大)

 

アシガ川小水力発電事業は、最大出力8MWの発電施設を事業費約30億円(1フィリピンペソ=2.3円で算定)で開発するプロジェクト。現時点では15年の運営開始を目指している。長大は、同島の大手建設会社エクイパルコ社(ブトゥアン市)と開発投資会社ツインピーク・ハイドロ・リソース社(同)、メトロマニラのケソン市に本社を置く小水力発電コンサルティング会社ハイドロ・リソースマネジメント・アンド・コンサルタンシーと、12年4月に基本契約書を締結。事業を推進する特別目的会社(SPC)として、アシガ・グリーン・エナジー社(AGEC)を共同出資で立ち上げている。

長大はSPCに対して、エンジニアリング・レビュー、施工監理、発電機の導入、維持管理などに関するコンサルティングや助言を行う役割を担う。発電機調達では、日本メーカー限定のショートリスト方式で、2社が入札に参加。事業関係者による評価を経て11月末に富士・フォイトハイドロが第一優先交渉権者に決定し、最終的な契約調印に至った。同社は、大手電機メーカーの富士電機とドイツの発電機メーカーであるフォイトハイドロ社が、折半出資で1997年に設立した会社。

アシガ川のほか、ミンダナオ島内のタギボ川では事業費約17億円で最大出力約5MW、同じくワワ川では約91億円で約23MWの小水力発電施設の建設事業が進行中。いずれもアシガ川と同様に、現地企業とのSPCによる事業スキームで進められている。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20131206/643549/?bpnet

2013/12/08

工業高生が考案、水力発電でイルミネーション 【読売新聞:2013/12/08】

用水路を利用
用水路を活用した水力発電。暗くなると、蓄えた電力で点灯する(日光市のJR今市駅前で)
クリスマスを前に、栃木県日光市と宇都宮市の工業高校が小水力発電を利用したイルミネーション実験に取り組んでいる。地元の豊富な水源を活用し、あるいは廃棄された自転車の車輪を使い、それぞれ工夫を凝らしている。「身近な再生エネルギーを感じてほしい」との願いもこもった光が、冬の街に彩りを添えている。
日光市では、今市工業高校が用水路で実験に取り組んでいる。昨年、太陽光を利用した発電の研究を進め、東武日光駅前などに日光国体をPRするカウントダウンボードを設置し、JR今市駅前では夜間にイルミネーションを点灯させた。
しかし、太陽光は天候に左右され、夜間に蓄電できない。学校のある旧今市地区は、二宮尊徳が江戸時代末期、荒れた農村を復興するため水路を整備し、現在も32本の用水が市街地を流れる。今年はこの恵まれた水資源を活用することにした。
実験は、機械科の授業の一環で、生徒らは、市販の小型水車型発電機に適した改良モーターを開発。蓄電機能を持たせ、11月下旬からクリスマス頃まで、今市駅前の用水路で24時間の発電実験を続けている。指導する野沢孝輔教諭(27)によると、水流で発電した電力を蓄え、暗くなると点灯するように操作したLED電飾で夜間ライトアップしている。
発電規模は1日約100ワットと小さいが、夜間点灯には十分な電力を確保。太陽光に比べ、水さえあれば終日発電できるのが利点だ。一方、水車に落ち葉などのゴミが挟まると動かなくなるため、定期的にメンテナンスをしている。
機械科3年の石井大暉さんと竹沢巧磨さんは「今年の結果を生かし、後輩たちにも研究を続けてほしい」と話す。野沢教諭も「実用化は難しいかもしれないが、夜間点灯などで地域の役に立てれば」と話す。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20131208-OYT8T00393.htm

 

 

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら