過去に投稿された記事の一覧です。

2013/08/13

水車くるくる 室内明々 – 手作り小水力発電【奈良新聞:2013/08/13】

集会所(奥の建物)に明かりをともした殿川地区の手作り水車。この日は県議会エネルギー政策推進特別委員会が視察=5日、吉野町殿川吉野町殿川地区で、住民が手作りの水車を回し、集会所の明かりをともした。同町三茶屋地区にも吉野杉の水車が設置され、身近な自然エネルギーを利用する小水力発電の取り組みが広がっている。

殿川集会所に設置された木製水車は直径1・6メートルで、排水溝の水流で24時間回転。中心部に自転車のハブ発電機を取り付けた。

1カ月間の蓄電で、2カ所の和室(12畳、9畳)と台所の照明、冷蔵庫、井戸ポンプの全電気量を約5時間分まかなえる。今後は「72時間」を目指す。

同地区は標高450メートルの山間にある集落で、雪や台風で停電が起きることも多い。大規模な災害が発生すれば孤立する危険度も高く、電源の確保は切実な問題になっていた。

ただ発電機の購入は当初から念頭になかったと言い、1年がかりで小水力発電に取り組んできた。「発電機を回すには燃料など大きなエネルギーが必要。身近な自然エネルギーで何とかしたいと思った」と制作グループの唯一行さん(66)は話す。

吉野町では今年1月、区長会や町、市民グループ、各種団体が町小水力利用推進協議会(竹内一会長)を発足。専門家のアドバイスも得て活動を広げた。

技術指導した京都市立伏見工業高校の足立善彦教頭(60)は「知恵と工夫があれば大丈夫。エネルギーを作り出すのは人のエネルギーだ」と力を入れる。

三茶屋地区には6月、常識をくつがえす吉野スギの大水車(直径3メートル)がお目見え。つくった電気でサクラをライトアップしている。

スギはマツなどより耐水性に劣るが「老朽化したらまた作ればいい」と地元産材を使うことに。大西治雄・前自治会長(66)は「自治会(35世帯)総出のボランティアで2カ月かけて完成した。こんな自治会はありません」と胸を張る。

東日本大震災以後、再生可能エネルギーへの関心が高まり、同協議会にも県内外から視察が相次ぐ。竹内会長(60)は「地域実情に合わせて小水力の利用の仕方は違うがもっと広げたい。そして町や吉野地域全体が活性化すれば」と期待する。

http://www.nara-np.co.jp/20130813091301.html

2013/08/13

木曽調事務所 2地区で小水力設計【建通新聞:2013/08/12】

 農林水産省木曽川水系土地改良調査管理事務所は、農業水利施設を活用した小水力発電に向けて、矢作川総合第二期地区で実施設計を、青蓮寺用水地区で基本設計を2013年度に行う。

http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/130809300051.html

2013/08/13

兵庫県宍粟市、小水力と太陽光の複合発電システムを検討 調査事業者を募集【環境ビジネス:2013/08/09】

 兵庫県の宍粟(しそう)市は、同市役所北庁舎の災害時における安定稼動を図るため、小水力発電と太陽光発電の複合システムの導入する。このため、同市では、本システムの基礎調査を委託する事業者の募集を開始した。

 本複合システムの小水力発電システム(出力2kW以上)は、宍粟市役所の東側の水路を利用する。同様に近隣に設置する太陽光発電システム(出力10kW以上)からの電力を、併設した蓄電システム(容量4.5kWh以上)と連携させ、系統電力の寸断時にも利用可能なシステムを構築する予定。

 このようなシステムは前例が少なく、安定稼動及び周辺の案全性を確保するために、専門的見地からの調査・検討を行う必要であるとしている。募集期間は平成25年8月16日(金)まで。詳細は下記のとおり。

http://www.kankyo-business.jp/news/005499.php

2013/08/09

社会 : 発電事業化へ調査研究 飯島町自然エネ推進協が発足【長野日報:2013/08/05】

 飯島町自然エネルギー推進協議会の設立総会が3日夜、町文化館で開かれた。小水力や太陽光などの普及を目指し、町民有志約50人が出席。

 会長に浜田稔さん=本郷第一=を選び、将来的には町内で発電を事業化することを目指して調査研究などをする今年度事業を決めた。  昨年から町が開いてきた自然エネルギーについての講演会などに参加して関心の高い住民が声を掛け合い、設立の準備を進めてきた。事務局は町が務める。

 協議会は、地域循環型・地産地消型の再生可能なエネルギーを普及啓発し、持続可能な地域をつくることが目的。既存の大企業による事業ではなく、地域住民が主体となって進めていく。発電が事業化できれば、観光資源にもなり、交流人口が広がるなど、多方面で地域振興につながることを期待している。

 浜田会長は「何年か後に、今日のこの集まりが、まちづくりに自然エネルギーを加える第一歩だったと振り返ることができる取り組みにしたい」と述べた。総会後には天竜川上流河川事務所の中谷洋明所長の講演もあった。

転載元 http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=29132

2013/08/09

宍粟市 小水力太陽光発電システム基礎調査 【建通新聞:2013/08/08】

兵庫県宍粟市は、小水力・太陽光発電システム整備工事基礎調査業務を委託するため、公募型プロポーザルの手続きを開始した。8月16日まで企画提案書を受け付け、1・2次審査を経て、8月26日に結果を通知する。

転載元 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/130807700036.html

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら