過去に投稿された記事の一覧です。

2016/05/10

小水力発電導入推進研修会を開催します【山口県総務部】

2016年5月10日発表

1 趣旨

県内各地で小水力発電の開発に向けた調査や検討が進められています。
今後、事業化を進めていくためには、より多くの方々と現状や課題等について共有し、その解決に向け取り組む必要があることから、次のとおり行政や関係団体、民間企業等を対象とする研修会を開催します。

2 主催

山口県農業用水小水力発電推進協議会、山口県農林水産部、山口県企業局

3 日時

平成28年6月8日(水曜日)10時40分から15時00分

4 会場

(1) 午前: 山口県土地改良事業団体連合会(山口市糸米2丁目13-35)5階会議室
(2) 午後: 宇部丸山発電所(宇部市大字瓜生野)※H28.4稼働、最大出力130kW

5 対象

【行政】県、市町の農林担当部局・水道担当部局
【関係団体】土地改良区
【民間企業】小水力発電の開発等に取り組む県内企業
【その他】小水力発電に興味がある団体や組織等

6 内 容(予定)

(1) 10時40分から11時00分(20分) 山口県農村整備課
農業用水を活用した小水力発電の取組
~現状と課題、導入事例、28年度の推進施策~

(2) 11時00分から11時10分(10分) 山口県農林水産政策課
農山漁村での再生可能エネルギー活用
~県内での取組事例、実証事業の成果~

(3) 11時10分から12時00分(50分) 山口県企業局
小水力発電開発への支援
~企業局の概要、技術支援の取組、事例紹介~

・ ・・・・・・ 昼食・移動【宇部丸山発電所へ】・・・・・・・

(4) 13時30分から15時00分(90分) 山口県企業局
工業用水道・上水道施設を活用した小水力発電
~宇部丸山発電所の現地研修~

7 参加申込

5月25日(水曜日)までに申込みをお願いします(TEL、FAX、Email可)。

【申込先】水土里ネット山口 総務部 総務企画課(担当:道中)
TEL:083-933-0033、FAX:083-933-0048、Email:michinaka@yamadoren.or.jp

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201605/034081.html

2016/05/09

【朝霞市水道部】小水力発電設備を設置しました

2016年5月9日発表

【実施月日等】
平成28年5月9日(月曜日)

【会場等】
朝霞市泉水浄水場 (朝霞市泉水2-13-1)

【主催者等】
朝霞市水道部

【事業内容】

「事業概要」
安定した流量・圧力(3.3kg/平方センチメートル)で流入する県水を活用して発電用水車を回転させ発電を行う。発電した電力は、共同事業者の東京発電(株)が再生可能エネルギー特別措置法の「固定価格買取制度」により電力会社に売電し、売電金額の一部を朝霞市水道部へ配分する。

「事業のメリット」
(1) 採算性が優れていることや再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用することにより、安定的な収入を確保できる。
(2) 太陽光や風力発電に比べ、天候の影響が少なく安定した発電ができる。
(3) 環境に配慮した水道事業の運営に役立つ。

「共同事業者」
東京都台東区池之端1丁目2番18号
東京発電株式会社(株主:東京電力ホールディングス)
○導入実績(水道事業体:さいたま市水道局、横浜市水道局、千葉県水道局、川崎市水道局、高崎市水道局、甲府市上下水道局、柏崎市ガス水道局)

「事業予定期間」
 平成28年5月から20年間

「想定年間発電量」
 約46万kWh

「朝霞市年間収益見込み額」
 約200万円

「共同事業者の役割」
 ※平成26年8月13日 基本契約(役割分担や収入の分配など)締結
 ○東京発電株式会社
  ・建設資金、運転費用、保守費用、電気事業法等の関係法令(経産省への設備認定申請など)や電力会社の対応
 ○朝霞市水道部
  ・水車回転の流量と圧力の提供
  ・発電設備を設置する場所の提供
   平成28年3月完成の着水井弁室
  ・資源(水・土地・設備の一部)に関する情報提供

【予算】
朝霞市においては、場所の提供のみとなるため費用等は発生しない。

http://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/5/shosuidenryoku.html

2016/04/28

【岡山県企業局】小水力発電の開発調査に関する情報提供について

2016年4月28日
 岡山県企業局では、地域における小水力発電の普及・拡大を支援するため、県内の市町村・NPO法人等を対象として、過去に本県で行った小水力発電の開発調査に関する情報を提供します。必要な方は、企業局施設課発電班まで、お問い合わせください。なお、調査場所については、次のファイルからご覧になれます。

URLファイル
http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/470644_3328035_misc.pdf

問い合わせ先
岡山県企業局

http://www.pref.okayama.jp/site/14/470644.html

2016/04/27

【兵庫県】平成28年度住民協働による小水力発電復活プロジェクト推進事業の募集について

2016年4月27日発表
兵庫県では、小水力発電による売電収益を活用して地域活性化を目指す地域団体・市町が、小水力発電の事業化に向けて実施する立ち上げ時の取組や基本調査・概略設計等の事業に要する経費に対して補助します。
そこでこのたび、この補助金の交付を希望する団体を募集します。

1.対象事業(詳細は、募集要項参照)
補助金交付決定後に着手する県内で行う小水力発電※の事業化に向けた以下の取組・調査等の事業
※小水力発電とは、水力を利用した発電であり定格出力1,000kW以下のものとします。
(1)立ち上げ時の取組支援
小水力発電の事業化検討に必要な立ち上げ時の取組(勉強会、現地調査、先進地視察等)
(2)基本調査・概略設計等補助
小水力発電の事業化に必要な基本調査・概略設計等(流況調査、測量調査、既存設備劣化診断、地質調査等)

2.対象団体
小水力発電による地域活性化を推進する地域団体※・市町(地域団体が主体となった事業主体も含む)
※地域団体とは、自治会、管理組合、特定非営利活動法人、公益財団法人、公益社団法人などで、原則以下のすべての要件を満たす団体。

・当該地域に根ざした活動をしていること
・規約や代表者を決めていること
・構成員が10人以上であること

3.募集期間
(1)立ち上げ時の取組支援
平成28年4月26(火曜日)~平成28年5月31日(火曜日)
(2)基本調査・概略設計等補助
平成28年4月26日(火曜日)~平成28年7月29日(金曜日)
※募集期間中以下の日程で公募説明会を開催します。
参加希望の方はセミナー参加申し込み用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込み下さい。

4.補助限度額
(1)立ち上げ時の取組支援
30万円(定額・上限)
(2)基本調査・概略設計等補助
500万円(補助率1/2)

(中略、詳細は転載元をご覧ください)

7.事業に対する質問について
事業についてのご質問は、質問票に必要事項をご記入の上、メール・FAXにてご送付下さい。
後日、回答をご連絡させて頂きます。

お問い合わせ
部署名:農政環境部環境管理局温暖化対策課計画班
電話:078-362-3273
FAX:078-382-1580

2016/04/26

【兵庫県】住民協働による小水力発電復活プロジェクト推進事業の募集開始

2016年4月26日

担当部署名/農政環境部環境管理局:温暖化対策課計画班  直通電話/078-362-3273

県内の再生可能エネルギーの導入状況については、瀬戸内地域を中心とした豊かな日射量を活かせる太陽光発電が大半を占めている一方、小水力発電は安定した発電量や収益は見込めるが、事業化までのステップが多く、導入コストが高額なため導入が進みにくい状況にあります。
そこで、小水力発電による地域活性化を推進する地域団体等が、小水力発電の事業化に向けて実施する立ち上げ時の取組や基本調査・概略設計等の事業に要する経費に対して補助します。このたび、この補助金を希望する事業を広く募集します。

関連資料
資料:
http://web.pref.hyogo.jp/press/documents/20160426_fce0733da8ae278d49257fa10005e698_1.pdf
募集要項:
http://web.pref.hyogo.jp/press/documents/20160426_fce0733da8ae278d49257fa10005e698_2.pdf

http://web.pref.hyogo.jp/press/20160426_fce0733da8ae278d49257fa10005e698.html

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら