過去に投稿された記事の一覧です。

2013/07/08

【佐賀県】県営中木庭ダムで小水力発電事業を行う民間事業者を募集します

太陽光発電や水力発電などの再生可能エネルギーは、地球温暖化対策やエネルギー多様化などの観点から、加速度的普及を図っていく必要があります。

中でも、水力発電は、昼夜、年間を通じて比較的安定した発電が可能です。

このような中、県においては今回初めて、県営ダムの中でも最大規模である中木庭ダムにおいて、その放流水を利用して、小水力発電所を設置・運営する民間の発電事業者を下記により募集します。

なお、既設のダムにおいて新たに民間事業者が小水力発電所を設置・運営するのは九州では初めてとなります。

1 事業予定地

中木庭ダム(佐賀県鹿島市山浦)

・集水面積 13.5平方キロメートル

・堤高 69.5メートル

・湛水面積  0.31平方キロメートル

・総貯水容量 6,800,000立方メートル(不特定容量1,500,000立方メートル)

・放流量 河川維持流量約毎秒0.2立方メートル

2 出力規模

最大約230kW【試算値】(一般家庭1.2 kWの場合:190世帯分)

3 選定方法

公募型プロポーザル方式

(提案の実現性や県内での波及効果にポイントを置きます)

4 意思表明書の受付期間

平成25年7月3日(水曜日)〜 平成25年8月5日(月曜日)の9時 〜 16時(佐賀県庁閉庁日を除く)

5 応募要件

県内の関連企業育成の観点から、本県に関わりの深い企業に参加していただくこととします。

6 応募方法

詳しくは、別添「公告」を参照ください。

また、以下のURLからもご覧いただけます。

http://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/_1261/kk-damu/_72372.html

7 提出・問合せ先

佐賀県県土づくり本部河川砂防課

ダム対策担当(担当者:前山)

〒840-8570 佐賀市城内1-1-59

電話:0952-25-7161、FAX:0952-25-7277

E-mail: kasensabou@pref.saga.lg.jp

8 今後の主なスケジュール(予定)

(1)公告開始      平成25年7月3日

(2)提案書の審査    平成25年10月

(3)事業者の特定    平成25年11月

添付資料

公告(126KB;PDFファイル)

技術提案書の作成説明書等(279KB;PDFファイル)

提出様式(150KB;PDFファイル)(150KB; PDFファイル)

提出様式(79KB;MS-Wordファイル)(79KB; MS-Wordファイル)

※この内容は、佐賀県のサイトより転載しています。

2013/07/08

【沖縄県】「農業水利施設を活用した再生可能エネルギー導入マスタープラン策定業務」の技術提案募集について

次のとおり技術提案書を募集するので、公告する。

平成25年6月26日

沖縄県知事  仲井眞 弘多

1 趣旨
農業水利施設は、近年、ポンプ運転等に必要な電力の値上げや施設の老朽化等によって維持管理費が増大傾向にあり、施設の適正な維持管理が困難となりつつあります。
その中で、貯水池法面や管理棟等を活用した太陽光発電施設や用水路等の落差等を活用した小水力発電施設等を設置し、その売電収入を施設の電力料金や維持管理費に充当することが可能となったことから、農業水利施設における再生可能エネルギーの活用が期待されています。

そこで、農業水利施設の適正な維持管理を確保する観点から、県内の農業水利施設における計画的な発電施設整備を促進するため、マスタープランの策定を実施します。

ついては、本業務を実施する委託先を選考する技術提案を募集します。

2 参加資格
「選定要件書」のとおりです。

3 提出期限
(1)技術提案参加表明: 平成25年7月 3日(水)17時まで
(2)技術提案書提出 : 平成25年7月18日(木)12時まで

4 内容
詳細は「技術提案書の作成説明書」をご参照下さい。

なお、本事業の公募内容に関する説明会は特に設けておりません。

5 問い合わせ先
沖縄県農林水産部 村づくり計画課 事業計画班(担当:吉川、兼次)
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2(沖縄県庁10階)
電話 098(866)2263  FAX 098(869)0557

6 選定要件書等及び様式

○選定要件書(PDF)
○技術提案書の作成説明書(PDF)
○技術提案仕様書(PDF)

○技術提案書評価要領(PDF)
○小水力等再生可能エネルギー導入推進事業実施要領(PDF)
○様式第1号(技術提案書)(Word文書)
○様式第2〜2-3号(意思表明書等)(Word文書)
○様式第3号(会社概要書)(Word文書)
○様式第4号(誓約書)(Word文書)

2013/07/08

【関東農政局】中信平小水力発電所が完成しました。

平成25年6月25日(火曜日)、当事業所が松本市梓川上野で建設していた「中信平小水力発電所」が完成しました。

小水力発電とは、再生可能エネルギーのうち農業用水路の落差(水位差)と流量を利用し、水車を回転させて発電を行うもので、環境に優しい発電施設です。一般的な水力発電と比べると規模が小さいため小水力発電と呼んでいます。

「中信平小水力発電所」は、関東農政局管内の国営事業では3例目の小水力発電になりますが、自然エネルギーに対する期待が高まるなか、平成23年10月から工事を始め、この度、無事完成を迎えることができました。

hatsudensyo

【発電所外観】

hatsudensyonaibu

【発電室内部】

発電施設は、7月1日(月曜日)から本格稼働を行い、発電する電力量は年間で約340万kWhを見込んでおります。これは、一般家庭の約950世帯分の消 費電力に相当します。また、自然エネルギーに代わることで二酸化炭素の排出量を年間で約1,900t削減できます。

6月27日(木曜日)には、これから発電施設の管理を行う中信平土地改良区連合により、安全祈願祭と運転始動式が行われました。運転の無事を願い行われたもので、発電機が回転を始めると歓声が上がりました。

shidoushiki

【始動式の様子】

発電で得られる売電収入は、梓川頭首工を始めとする地区内の土地改良施設の維持管理費に充てられることから更に期待は高まります。

hatsudensyogaiyouzu

2013/07/04

【長野県】小水力発電所工事が完成し運転始動式が行われました。

01aa
松本平の農地を潤す主たる農業用水は、上高地へ向かう松本電鉄新島々駅の西約2kmにある梓川頭首工で取水され、水路を通じて各地域の隅々まで導かれています。
本水路は、先人たちの情熱とたゆまぬ努力により建設されましたが、経年変化による老朽化が著しいことから、平成17年度から国営農業水利事業により改修工事を実施しています。

併せて、再生可能エネルギーの導入を目的に、農業用水を利用した小水力発電所が完成し、この6月27日に、発電を開始するための「発電安全祈願祭」及び「運転始動式典」が、主催者である、中信平土地改良区連合井口理事長さん始め関係者の出席のもと執り行われました。 当日は、前夜まで続いた雨も上がり晴天となり、今後の発電施設の安全を予感する一日となりました。
P1020369
式典は、松本市梓川上野の花見会館横の「中信平小水力発電所」で、中信平土地改良区連合役員、行政機関、建設業者及び地元関係者など約80名の出席により、神事が厳かに執り行われました。
P1020366
この発電所は、梓川頭首工から取水する水路系の梓川左岸幹線水路の落差(最高7.3m)を利用し、水の流量(最大毎秒11立方メートル)で発電を起こす環境に優しい電力発電です。
2s-s
水をとる取水口(ヘッドタンク)から、約350m下流の発電室に径2,400mmの管路により導き、水が水車に流れタービンが回転することで発電します。
発電量は、一般家庭の約950世帯分の年間消費電力量に当たり、その効果が期待されています。
DSC01856

おわりに、本県では、「長野県総合5か年計画」が本年度からスタートし、「自然エネルギーの普及拡大」を推進しています。
小水力発電施設を目前で見て、今後、松本管内で水力や太陽などの身近な地域資源を活用した施設で発電されたクリーンエネルギーの普及がどんどん進めば良いなあと感じた一日でした。   以上

※こちらの内容は、長野県魅力発信ブログのサイトより転載しております。

参考
経済産業省「再生可能エネルギーの全量買取に関するご意見の受付」(平成21年11月6日、資源エネルギー庁)

お問い合わせ
候補地点についてのご相談や、「小水力」に関するお問い合わせ、 当サイトへのご連絡は、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら